鈴木建設工業株式会社: 教育プログラムアーカイブ
ホームに戻る

s2_10003.jpg s2_20005.jpg s1_DSC01600.jpg s1_DSC02046.jpg 2013年2月10日~2月15日
(第1班、11名)
2013年2月24日~3月1日
(第2班、 8名)

何年かぶりの海外研修、今回は『ハワイ研修』でした。

当初は全社員での1回での研修の予定でしたが、現場とかの都合やリスク 管理の上でも2回に分けての実施となりました。
みんなで行けなかったのは残念でしたが、盛りだくさんのオプショナル・ ツアーは時間が足りないと思えるくらいに充実しており、たくさんの有意 義な研修になったと思います。

お決まりの記念撮影は、♪?この木なのの木、気になる木?♪でお馴染み の『日立の樹』の元と、ハワイと言えば『ダイヤモンドヘッド』の登山道 入り口の「モニュメント」の前で撮影しました。

次は3年後の『創立50周年』の記念研修。
その時も「ハワイ」になるか、違う国へ研修するのか楽しみですね。

sDSC00538.jpgsDSC00545.jpgsDSC00683.jpgsDSC00689.jpgsDSC00765.jpgsDSC00769.jpgsDSC00781.jpgsDSC00803.jpg2012年12月2日~12月8日

塩を使った「ヨーロッパの健康法」を研究し、「塩の部屋 いやしんす」を 開発してもう7年以上過ぎました。

初心を思い出すためと、いままで弊社が培って来た知識と技術を持って、本 場北欧での実情を視察する事になり行って来ました。

社長、開発事業部の2人と、お客様(喘息患者)の4名での渡航でした。

7年前に実体験して感動した社長の新たな発見、初めて体験する開発事業部 の2人、「塩の部屋 いやしんす」利用者のお客様が感じる本場の施設。
各々それぞれの実感とその感動は違えど、本場の塩の部屋を体感しました。

弊社の開発の原点、エヴァレット社の『ガロスの洞窟』を最初に体験。 強制的に「塩噴霧」されていない施設内ですが、床に敷かれた小さめの岩塩 を踏んで入室する時に、その砕けた微粉末の塩ダストが舞い上がっているの が分かりました。
これが「岩塩坑跡」の環境に近い空間を再現している所以 だと思いました。

次に訪れたのは、ハリット社の『塩の部屋』です。
先の『ガロスの洞窟』もそうでしたが、こちらも高層団地が立ち並ぶ住宅地 の高層団地の地階部分にありました。
こちらは『ソルトジェネレータ』なる機器を使って、微細塩を強制噴霧して いる最新の施設でした。
壁・天井のLEDライトなどは『ガロスの洞窟』とあまり変わりは無く、細 かな部分を見るととても商品とは言えない位に雑な仕上がりにガッカリ。

しかし、どちらの施設も大掛かりでとても広く、ゆったりしており、日本の 大浴場の様な施設でした。
日本では、各地にある温浴施設(スーパー銭湯)や有名温泉など、文化とし て根付いています。ヨーロッパでは「塩の部屋」はそんな銭湯や温泉と同じ 様に文化として住宅地にあるのだと思いました。

最後に訪ねたのは『世界遺産のヴェリチカ岩塩坑跡』です。
観光名所になっている「ヴェリチカ」ですが、せっかく遠路はるばる北欧の 地へ来たのですから「サナトリウム(治療施設)」も見学して見たいと、急 きょ受付窓口を離れ「サナトリウム」の入り口を目指しました。

アポなし訪問ですが、通訳の懸命なお願いと私達の思いが伝わったのか、飛 び込み訪問を快く承諾くださった寛大な院長とサナトリウム担当の美人医師 には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。あっ、通訳さんにも感謝。

インターネットやテレビ等では観た事はありましたが、実際に目にした光景 はそれの何倍もの衝撃と感動を受けました。
同行し説明して下さった院長と美人医師、専門用語での説明を私達にも理解 出来る様に何度も聞き返しながら通訳をしてもらい、概要は充分伝わり納得 して施設内を見学させていただきました。

サナトリウムを出て、世界遺産のヴェリチカも当然観てから帰って来ました。
インターネット上の写真やテレビの映像でしか観た事が無かった「ヴェリチ カ」の内部は、感動と驚きの連続でした。?

弊社の開発事業部の原点。 本場ヨーロッパの『ガロスの洞窟』や『ハリット、塩の部屋』や『ヴェリチ カ・サナトリウム』を実際に体験し、見学し同行説明していただき良い体験 をさせていただきました。

この研修を活かす商品開発をしたいと思います。

sRIMG0015.jpg sRIMG0016.jpg sRIMG0018.jpg sRIMG0019.jpg sRIMG0020.jpg sRIMG0021.jpg 2012年 7月25日(水曜日)

初めての「避難訓練」を実施いたしました。

慣れない縄梯子での避難訓練。
初めて使う消火器。

いろいろ勉強になりました。